Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト
Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト ジンバブエのワイヤービーズアートの動物たち、アフリカンビーズのアクセサリ、カラフルなバッグなどアフリカのすてきなモノたちを紹介しております。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
Rupurara Moonのショールーム(仮) 23:07
0
    Rupurara Moonギャラリー展"African Closet"終了から10日ほど過ぎたところで雑感を。




    2009年のオンラインショップ開店以来、何度か開催させていただいているギャラリー展。

    今後は、その「ギャラリー展」という呼び方を変えようと思います。

    もちろん、すてきなアートギャラリースペースなどをお借りして開催し、アート作品らしく工夫して展示しようという努力はしているのですが、厳密には「ギャラリー展」ではないからです。

    もっとも重要なのは、これらの作品は「わたしが作っているものではない」ということです。

    キュレーターとしての美術展のようなものならわかりますが、Rupurara Moonの場合、普段はオンラインショップで商品をなかなか直接ご覧いただけないので実際に展示販売を行う、という意味で、アート展というよりむしろ「期間限定店舗」か「ショールーム」です。

    コンサルタントの仕事をしつつ、ダンスをやりつつのオンラインショップ運営なので、とくにコンサルタント業が忙しくなれば、これまでも何度も数カ月単位でほとんど開店休業状態というようなことが続き、かなりの精神的ストレスではありました。

    いちばんの理想は実店舗ですが、それでなくとも実際に商品をご覧いただける機会を、たとえば少なくとも1〜2ヶ月に一度は作るのが現時点での実現性が比較的高い理想水準ではあります。



    ギャラリー展を開くと、お友だちから「おめでとうございます」といわれるのはとてもとてもありがたいことではあるのですが、誤解を恐れずに本音の本音を申し上げますと、それには違和感を感じるのです。

    わたしがアーティストとしてつくった作品を展示するのなら「おめでとう」はわかりますが、わたしの作った作品ではもちろんありませんし、わたしは輸入をしているバイヤーに近い存在であるからです。
    期間限定店舗にあまりそんなことは言いませんものね。

    要は、他の仕事が忙しくてなかなかそのようなイベント機会を設けることができず(今回の場合は実に2年ぶりになってしまいました。)、お友だちにとっては「特殊感」があるからなのだと思います。
    そして、「ギャラリー展」と呼んでいるからもあると思います。

    わたしにとって特別なイベントであるには変わりないのですが、「おめでとう」といわれてしまううちはお店としてまだまだってことだなと捉えています。



    アートももちろん大切にするつもりなのですが、もう少し実用品寄り(バッグをはじめとした)に力を入れていきたいと考えています。



    ちなみに、ギャラリー展の期間中、実にたくさんのお友だちやダンス仲間、お仕事仲間、そしてお友だちのお友だちなどが来てくださいました。

    温かい気持ちに囲まれて、ほんとうにこころから感謝したいと思いました。

    そして、なんだかちょっと感動したのが、そのほとんどの方が過去にRupurara Moonから購入してくださったピアスやネックレス、バッグなどを身に付けてやって来てくださったということです。
    ほんとに、たくさんのひとが!

    これはなんだかこころがじんわりとして涙ものでした。泣きませんけど。(代わりに、にやりとしてましたkyu




    谷中の大人気カフェであるHAGICAFEさんの中にあるということで、カフェのお客さんがたくさん来てくださったということは事実なのですが、一方でお客様のかなりの割合(半数近く)が自分のお友だちや知り合いなどだったということもまた認めなければならない事実。

    皆さんの温かい気持ちを感じて幸せな反面、お店としてそれではまだまだですね。

    あれこれ忙しくしているので7年目に突入してもまだまだこんな状態のRupurara Moonです。

    ここらで、もう少し腹をくくって頑張るべきだろうという気持ちにもなることができました。

    コンサルタントのお仕事やダンスの忙しさを言い訳にはしたくないですね。

    そして、ほんとうにお客さまが幸せな気持ちになれるものは何であり、どんなサービスなのか、わたしとアフリカとのかかわり方は今後どうなっていくのか。

    そういうことを、しっかり整理して考えながら一本の芯を強くもっていきたいと思っています。






    ↑今日の夕暮れどき。

    東京でも、気持ちの良い風は吹きます。


    今後ともRupurara Moonをどうぞよろしくお願いいたしますきゃvネコ

     
    | 日記・ひとりごと | comments(0) | - | posted by あふりかくじら
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>